須崎でのお馬さんの住居跡周辺 - 須崎小学校

お馬さんの住居跡周辺 - 須崎小学校
お馬さんの住居跡周辺 - 須崎小学校

[ 高知県須崎市東糺町 ]


お馬さんは、安政3年(1856)安芸川以東の安田町の方に、追放をされちょった。

そんで、真面目に働きよったけんど、しつこい純真が現れて、またまた騒ぎとなって二度目の追放を受けたがです。

今度は、名護屋坂以西と言う事で、落ち着いた先は須崎の池ノ内と言う場所じゃったそうです。

お馬神社(お馬堂) - 2度目の追放で須崎に送られる 2010.08.15

ここでも、住み込みで百姓の手伝いをして、真面目働いたそうです。

その後、大工の寺崎米之助と言う人と所帯をもち、何時頃かは判らんけんど須崎の町中に移り住んだ場所が、現在の須崎小学校の南西角にあるプールを含めた辺りじゃないかと言われちょります。

明治18年(1885)に家族が東京に引っ越すまで、この周辺で生活しよった事になるがです。

須崎での生活は29年。

お馬さんにとって、須崎は第二の故郷になったがですろー。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment