新川に残る旧家 - 江戸時代からの交通の要所の地



[ 高知県高知市春野町森山 ]


此処は、写真右側が直ぐ、野中兼山の偉業の一つでもある「県史跡・新川の落とし」のある場所ながです。

左の旧家は、この近辺でも古い造りのお宅です。

江戸時代から交通の要所で、西に少し行くと仁淀川が流れちょり、新川の大師堂前からは春野と高岡を結ぶ渡し場跡に続いちょります。

今じゃ、人も車も仁淀川大橋を渡るけんど、その昔は旅人やお遍路さんも、渡し舟で行き来しちょった場所ながです。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment