おもかる地蔵 - お地蔵さんが「土佐へ行きたい」と言うたそうな・・・・・

おもかる地蔵
おもかる地蔵

[ 高知県高知市山手町・観音寺境内 ]


お地蔵さんが「土佐へ行きたい」と言うたそうな・・・・・。

此処は、JR旭駅の東に直線距離で約360m、丹中山・高知市歴史墓地公園からの西に直線距離で約170mにある真言宗醍醐寺派・大悲山観音寺と言うお寺さんの境内にある「おもかる地蔵堂」。

如何言う事かと言うと、平成6年(1994)の記述で70年程前と書かれちゅうき、今からじゃったら90年程昔の話じゃけんど、当時の住職が大阪の寺院に修行をしに行っちょったと・・・・・。

そんで、修行も終わって高知に戻んて来る時になって、その寺に安置されちょった「おもかる地蔵」さんが、何と「土佐へ行きたい」と言うたちゅうがよ。

誰が聞いても、まっこと、たまーげた話じゃと思うろー・・・・・。

そんで、その寺の許しを得て土佐に連れて来たがが、写真の「おもかる地蔵」さんじゃと。

大きさは30cm位かねー。

こんまい「お地蔵」さんじゃけんど、「人は見かけに」、いや違うねー。

「お地蔵さん」も見かけによらんけんど、こじゃんと不思議なパワーを持っちゅうがじゃそうです。

似たような話に「おもかる石」と言うのもあるけんど同類の話で、「おもかる地蔵」さんと言われる通り「重い・軽い」の意味で、お地蔵さんを持ち上げて「願い事が叶うのなら重くなって下さい」とか、逆に「願い事が叶うのなら軽くなって下さい」と言う風にお願い事をした時、願ったように重く感じたり、軽く感じたら、願いが叶うと言われちゅうがじゃそうです。

「鰯の頭も信心から・・・・」と言う諺もあるように、何事も信じる物は救われるがぜー。

因みに「鰯の頭も信心から・・・・」とは、「イワシの頭のようなつまらないものでも信心する人には尊く思われる」と言う意味。

ただ観音寺のHPにも掲載されちょりますが、実際にお参りして願い事をしたい人は「お身体に触れお伺い希望の方はお知らせ下さい。許可無く勝手にお身体に触れる事は、厳禁です。」とありますき、勝手に触らんようにしいよ。

おもかる地蔵様

マナーだけは守らんと遺憾きねー。

入試合格の祈願などに人気とか・・・・・。

参考・引用/『土佐のごりやくさん』 市原麟一郎・著 高知新聞社


JR旭駅の駅案内パネルにも「おもかる地蔵尊の駅」として、書かれちょりますねー。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment