関川家住宅民家資料館 - 先祖は織田信長の二子・信雄の家臣の家系

関川家住宅民家資料館/11.09.28
関川家住宅民家資料館

[ 高知県高知市一宮 ]


昨日(水曜日)に一宮周辺の路地の中をウロチョロと走りよったら、白壁のある古い家に出たがです。

門には「重要文化財 高知市関川家住宅民家資料館」と書いた看板が下がっちょりました。

「あー、此処がそうなのか」と思い、入ろうと門に近寄って案内板をよう見たら、何のこたーない水曜日は定休日じゃと。

おーの・・・・・

それに、此処は裏口で正門の方にと・・・・・。

何とも間抜けなオチまで付いてしもうたがやき。

結局、中に入れんかったき自分で中の様子は判らんがですが、参考になるHPがありましたき掲載しちょきます。

関川家は織田信長の二子信雄の家臣で徳川姓を名乗っていましたが、将軍徳川家と同姓であるのを遠慮して関川姓を名乗るようになりました。そして寛政2年(1790)郷士となり、分家の数もふえて栄えてきました。

関川家住宅は分家筋ですが、今に郷士・豪農のたたずまいをみせています。昭和49年に重要文化財となりました。

旧関川家住宅民家資料館


此処は、入場料は無料ですき、ぜひ一度立ち寄って見たら?

オンチャンも、また機会を見て行こうと。

それも、絶対「水曜日」以外に・・・・・。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment