摂社 - 土佐之国一之宮・土佐神社



[ 高知県高知市一宮 ]


土佐神社の御祭神は味鋤高彦根神と一言主神の二神とされちょります。

御祭神
●味鋤高彦根神(あじすきたかひこねのかみ) ●一言主神(ひとことぬしのかみ)

『日本書紀』の天武天皇四(675)年三月二日の条に「土左大神、神刀一口を以て、天皇に進る」とあり、また朱鳥元(686)年の八月十三日の条に「秦忌寸石勝を遣わして、幣を土左大神に奉る」とあり、祭神は土左大神とされていますが、『土佐国風土記』逸文には「‥土左の高賀茂の大社あり、其の神のみ名を一言主尊と為す。其のみ祖は詳かならず。一説に日へらく、大穴六道尊のみ子、味鋤高彦根尊なりといへり。」とあり、祭神の変化がみられ、祭神を一言主尊と味鋤高彦根尊としています。この二柱の祭神は、古来より賀茂氏により大和葛城の里にて厚く仰ぎ祀られる神であり、大和の賀茂氏または、その同族が土佐の国造に任ぜられたことなどより、当地に祀られたものと伝えられています。

土佐神社 御祭神:


本殿西側にある土佐神社の摂社にゃ、左から事代主神社・西御前社・大国主神社の三神が祀られちょります。

摂社ちゅうがは、その神社の祭神と縁故の深い神さんを祀った神社の事ながです。

味鋤彦高根神ちゅう神さんは、『古事記』では阿遅鉏高日子根神、阿遅志貴高日子根神、阿治志貴高日子根神、『出雲国風土記』では阿遅須枳高日子と表記する。

また、阿遅鋤高日子根神、味耜高彦根命とも表記される。

別名 迦毛大御神(かものおおみかみ)。

アヂスキタカヒコネ - Wikipedia


要するに古事記にゃ、味鋤高彦根神が「賀茂の大御神」であると断言しちゅうけんど、『古事記』で最初から「大御神」とあるがは「天照大御神」と「迦毛大御神」だけで、伊勢神宮に祀られちゅう皇室の御祖神・天照大御神と同レベルの称号を付けちゅうがよ。

素人解釈じゃ、味鋤高彦根神 = 一言主神のような気もするけんど・・・・・。

兎に角、謎多き神さんながです。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment