左行秀邸跡 - 龍馬も一時期、腰に差した刀



[ 高知県高知市上町2丁目 ]


坂本龍馬のエピソードの中に、龍馬の兄・権平さんが依頼してこしらえた龍馬が腰に差しちょった刀を、親友の甲藤馬之助の甲冑と交換したと言う話があるけんど、その刀を鍛えた人が名刀工・左行秀ながです。

左行秀は、元は筑前の人で豊永行秀と言い、江戸に出て刀工・清水久義の門人になり備前伝を習得後、諸国を廻って研さんし、弘化3年(1846)土佐藩の御用鍛治・関田真平勝広の斡旋で土佐に来たがです。

その後、それまで使っていた豊永行秀銘を、左行秀と改銘したと言う事じゃそうです・・・・・。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment