伝長宗我部氏一族之墓 - 歴代の墓と伝わる



[ 高知県南国市岡豊町小蓮 ]


現在、高知県立歴史民俗資料館のある岡豊山の北の谷間の一角に、伝・長宗我部氏一族の墓と伝わっちゅう墓所があるがです。

さほど大きくもなく、立派とも言えないような宝篋印塔が点々と並んじょります。

南国市教育委員会の立てた高札にゃ、上段にある墓は長宗我部元親の父で長宗我部氏第20代当主・国親、もしくは長宗我部元親の長男・信親とも伝わるとある。

ただ、元親の長男・信親の墓と伝わっちゅう墓が長浜にある雪渓寺の境内にあるきに、そう言う意味じゃ長宗我部国親ながじゃろーかねー・・・・・。

因みに、長宗我部氏第20代当主・元親の墓は高知市長浜天甫寺山。

元親公墓 - 長宗我部元親 2008.11.24

次男・香川五郎次郎親和は、ここより少し東。

三男・津野親忠は、さらに東の物部川の近く。

四男で、第21代を継いだ長宗我部盛親は大阪夏の陣の西軍に組し、捕えられて処刑され、京都に眠っちょります。


[ 注意! ]

■ 墓探しで山に入る場合は、季節によっては、マムシ・ヤマヒル・ヤマダニ・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。

特に3月~12月頃(暖かい時期は、その限りじゃないぜよ)、山や藪に入る場合、マムシに、充分に御注意の事! 
関連記事

  



1 Comments

通りすがりの地元 さん ">

通りすがりの地元 さん   

Re: 住所について

通りすがりの地元 さん ">

ご指摘ありがとうございます。

2013/02/01 (Fri) 15:33 | 通りすがりの地元 さん さん">REPLY |   

Leave a comment