土佐稲荷神社 - 下知のおいなりさん





[ 高知県高知市二葉町 ]


由緒書を記した石碑には下記のようにある。

御祭神は、稲荷五社大明神。

土佐藩主・山内一豊が徳川家の勧めで、山内家の繁栄のために、元和2年(1616)に藩邸内に祀ったのが始まりとか。

その後、天保4年(1833)に第十二代藩主・山内豊資が土佐万民の安泰と繁栄を願って、この地に土佐稲荷神社として祀ったとある。

当時から、「下知のおいなりさん」として親しまれちゅうと・・・・・。

現在の社殿は、昭和54年に改築されちょります。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment