長浜川の切り抜き - 野中兼山の偉業の一つ


切通の東側

切通の西側

[ 高知県高知市春野町東諸木~高知市長浜 ]


側にあった長浜史跡コースの高札にゃ、下記のように書かれちょりました。

土佐藩の奉行職、野中兼山は、現在の春野町一帯の平野を灌漑し、浦戸湾と結んで水運の便宜をはかるため、新川川の開削を計画し、慶安元年(1648)から5年の歳月を費やして完成させました。

この工程で最も苦労したのが、諸木村の唐音の鳥坂山を長さ約百メートル、高さ三十メートル、幅十二メートルに渡って切り抜く工事でした。

ここを過ぎると新川川は通称長浜川と呼ばれ、その昔は桜堤が連なり、浦戸湾十景の一つに数えられました。

長浜史跡コース


ここもまた野中兼山の偉業の一つで、切通しの完成で、仁淀川から浦戸湾経由で高知城下町にまで物資を運ぶ、水運の動脈としても機能させたがです。

今は、長浜川の両岸はコンクリートの堤防になっちょり桜堤もなくなっちょりますが、昔は、もっと風光明媚じゃったようじゃねー。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment