栴檀の花の咲く頃




[ 高知県高知市・鏡川沿い ]


季節は、初夏・・・・・。

土佐は新緑も綺麗じゃけんど、ちょっとピークは過ぎたけんど薄紅色の栴檀の花が、今が盛りとばかりに咲いちょります。

鏡川沿いにも、沢山植えられちょりますが、特にこの一本だけは見ごたえがある花を付けた樹ながです。

近くによって、よーく花を見たら、藤の花のような細かい花がビッシリと付いちょります。

高知は栴檀の樹が多い所で、子供の頃から見ちゅうはずやけんど記憶にあるのは実が成って秋に野鳥が啄ばむ光景しか思い出せず、こんなにも綺麗な花を咲かせる樹じゃったとは、改めて知った次第ながです・・・・・。

因みに、栴檀の樹は高知市の「市の木」になっちゅう。



上の写真も鏡川沿いじゃけんど、同じ栴檀の花でも、白い花が咲いちょります。

これは白い花を咲かせる種類じゃそうで、土佐が産んだ植物学者・牧野富太郎先生が命名し、「白花栴檀」と言う名が付いちゅうがです。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment