西郷宿舎木屋家跡 - 木屋家(竹村家)



[ 高知県高知市菜園場町 ]


最近、龍馬の生まれたまち記念館で行われちゅう半平太コースの中に、西郷宿舎木屋家跡と言う場所があるようですねー。

ちょっと、オンチャンは知らんかったもんで、取り合えず過去写真の中から引っ張り出してきた写真を掲載しちょります。

場所は、この写真にも写っちゅうように「横堀公園」がその時の宿舎として泊まった木屋家(竹村家)があった場所じゃそうで、現在、武市半平太道場跡の碑がある公園として、お馴染みの場所じゃったがです。

知らんかった・・・・・。

西郷隆盛が土佐藩を訪れた際に宿泊した場所。木屋家(竹村家)は砂糖の専売権を得て豪商になりました。西郷隆盛が帰る際に竹村氏が「何か一筆書いて欲しい」とお願いした所、二つの軸を残しています。そのうちの一つに脱字がありまして、西郷は「書き直させて欲しい」と言ったのですが、竹村氏は「この上に書いて欲しい」と言い、「西郷一生の恥だ」といいながら脱字を記入したと言われています。現在の場所は碑もなく、横堀公園となっています。

高知の観光情報サイト「こゆび」:より引用


西郷隆盛は、二度土佐に来ちょりますが、これは何時の事じゃろーかと・・・・・。

1回目は、慶応3年(1867)2月16日、薩摩藩主島津久光の命を受けて、吉井友実と一緒に山内容堂に上洛を促すため土佐に来ちゅう。

2度目は、明治4年1月18日に大久保利通や木戸孝允と来高しちゅう。

開成門 - 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝充も門をくぐる 2010.09.01


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment