山田町獄舎 - 土佐勤王党と薫的和尚に関わる





[ 高知県高知市洞ヶ島・薫的神社境内 ]


この牢は、説明書にあるように、土佐勤王党の多くのメンバーが投獄され、この牢のあった山田橋番所で命を落としちょります。

青蓮院宮令旨事件で、平井収二郎・間崎哲馬・弘瀬健太が・・・。

そいて、文久3年8月18日(1863)に起こった、八月十八日の政変以降、土佐勤王党への弾圧が始まると、島村衛吉・河野万寿弥・田内衛吉・島村寿之助・小畑孫次郎・小畑孫三郎らーや、岡田以蔵らーも投獄されちょります。

それに時代は遡って、山内一豊が土佐に入国したのちの話じゃけんど、この薫的神社にお祀りされちゅう薫的和尚も、この牢に投獄され非業の死をとげちょります。

現在、この薫的神社の境内に移設されちゅうがは、薫的和尚に関わるからながです。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment