池田忠三郎 - 平井収二郎・加尾の従兄弟





[ 高知県高知市山手町 ]


天保9年(1838)土佐郡井口村に池田有年・糸(以登)さんの長男として生まれ、戊辰戦争には土佐藩の主力部隊・迅衝四番隊に参加しちょりますが、明治元年=慶応4年(1868)8月23日の会津若松の戦闘で負傷し、9月14日に白河にて亡くなっちょります。

享年31歳。

母は、平井傅蔵の二女で、平井収二郎・加尾の父でもある新留守居組・平井伝八直澄さんの父でもあるがです。

ですき、平井伝八直澄と池田糸(以登)さんは兄弟なが。

碑文は、岩崎禮。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment