鹿持雅澄邸跡



[ 高知県高知市福井町 ]


過去記事にも書いちょりますが、鹿持雅澄は人生の大半を国学者として万葉集の研究に注いだ人ながです。

また国学を教える私塾を開いちょった事もあって、やがて風雲の中に疾走して行く武市半平太や吉村寅太郎・大石弥太郎ら、多くの若者達に影響を与えたと言っても過言ではないがです。

因みに、妻・菊子さんは、土佐勤皇党・武市瑞山の叔母さんになる人ながです。

ここは昭和38年に高知県指定の史跡になっちょります。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment