築屋敷

080409-01.jpg

080409-02.jpg

[ 築屋敷  高知/高知市上町 ]

築屋敷とは、鏡川沿いに続く石垣塀の屋敷群のことで、古い家並みは無いけんど、当時の武家屋敷を思い起こすような石垣塀が続いちょるがです。

幕末に、築屋敷には「日根野弁治」の剣術道場があって、近くに住んでいた「坂本龍馬」もここで剣術の修行に打ち込んじょったし、夏になったら毎日、鏡川で泳いじょったと言われちゅうがです。

また、龍馬は築地屋敷に住んじょった絵師「河田小龍」から、「一介の藩が外国に立ち向かって歯が立つわけは無い。まずは外国船を買って航海術を学んで実力をつけるべきだ。」と聞かされたがです。

春ともなれば、桜並木になる所じゃけんど、出張に出ちょったきに今年は満開の桜は拝めんかったがです。

既に葉桜に・・・・・


[ アクセス ]
・土佐電鉄「上町1丁目」下車 徒歩約10分、鏡川沿い
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment