佐川城址 - 長宗我部家臣・久武親信の居城





[ 高岡郡佐川町 ]


青源寺のや青山文庫を抜け、牧野公園のある山に昇ると、物見岩と言われちゅう大きな岩があるがです。

この物見岩の眼下にゃ、佐川の町並みが広がっちょります。

この山は、古城山と呼ばれちょり、古くは長宗我部元親の家臣で佐川を治めちょった久武親信の居城があった所ながです。

久武親信は長宗我部元親に仕え、その誠実な性格から元親に重用され、高岡郡佐川城を与えられたと言われちょります。

ただ、長宗我部家が滅亡と共に、山内一豊が土佐に入国すると、此処は深尾家の領地となり幕末いたるがですが、城は元和2年(1616)に姿を消したと記されちょります。

この物見岩に至る途中に、田中光顕や牧野富太郎の墓もありますき・・・。

田中光顕墓 - 中岡慎太郎亡き後の陸援隊を率いた一人 2010.11.24
牧野富太郎墓 - 近代植物分類学の権威 2010.11.26


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment