牧野富太郎墓 - 近代植物分類学の権威




[ 高知県高岡郡佐川町・牧野公園 ]


牧野富太郎は、文久2年(1862)4月24日に、土佐国佐川村(現・高岡郡佐川町)の裕福な商家に生まれ、幼少のころから植物に興味を持つ子供じゃったそうです。

イメージ的に近代の人のような気がするけんど、文久2年言うたら、坂本龍馬が脱藩したがが同じく文久2年(1862)3月24日のこと・・・。

別に何ら関係はないけんど、以外や幕末期の生まれながです。

「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威で、その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残っちゅう。

小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定された。

参考:牧野富太郎 - Wikipedia

まあ、彼の功績は、高知県立牧野植物園に行ったら、垣間見ることが出来るがです。

昭和32年(1957)1月18日、94歳で天寿をまっとうして、みてちゅうがです。

墓所は東京都台東区谷中の天王寺のハズじゃけんど、此処にあると言う事は、田中光顕の墓と同じく、分骨墓のようじゃねー。

田中光顕墓 - 中岡慎太郎亡き後の陸援隊を率いた一人 2010.11.24

青山文庫の前の道を、牧野公園のある山に登って行ったら、平成7年に佐川の教育委員会が立てた碑がある。

2枚目の写真。

その奥に、牧野富太郎と田中光顕の墓が並んじゅう。


MapFan地図へ
関連記事

  



5 Comments

オンチャン(とさっぽ)">

オンチャン(とさっぽ)  

Re: 秘密のさいこちゃへ

オンチャン(とさっぽ)">

> 昭和まで生きてたからかな

そうじゃねー。
実はオンチャンも、そう思うちょった一人ですき。

2010/11/28 (Sun) 23:14 | オンチャン(とさっぽ)さん">REPLY |   
オンチャン(とさっぽ)">

オンチャン(とさっぽ)  

Re: ね~ちゃんへ

オンチャン(とさっぽ)">

> 沢山の家の間から ゆっくり見て来ました~キッカケはオンチャンさんからでした。

お疲れさ~ん!
昔は、もっと海岸線が近く、素晴らしい眺めが広がっちょったがやろーねー。

2010/11/28 (Sun) 08:16 | オンチャン(とさっぽ)さん">REPLY |   

秘密のさいこちゃん  

小学生の頃伝記を読んだけど
きちんと覚えてないものですね
幕末の生まれとは・・・
割と最近の人ってイメージでした
昭和まで生きてたからかな

2010/11/27 (Sat) 13:36 | REPLY |   
オンチャン">

オンチャン  

Re: おりがみ さんへ

オンチャン">

> わたしも子ども達と草花や生き物にこんな眼差しで向き逢いたいなって思います。

おりがみさんじゃったら、ぜったい出来るき!。

2010/11/26 (Fri) 21:26 | オンチャンさん">REPLY |   

おりがみ  

好きということ

牧野植物園、彼の描いた植物の観察画に圧倒されました。
草花を植物を彼がどんなに熱を持って見つめていたのかがわかります。
わたしも子ども達と草花や生き物にこんな眼差しで向き逢いたいなって思います。

2010/11/26 (Fri) 14:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment