田中光顕墓 - 中岡慎太郎亡き後の陸援隊を率いた一人




[ 高知県高岡郡佐川町・牧野公園 ]


天保14年(1843)、土佐藩の家老・深尾家々臣である浜田金治の長男として、土佐国高岡郡佐川村(現・高知県高岡郡佐川町)に生まれ、名は辰弥、通称・顕助。

後の、田中光顕。

この、佐川にある墓は分骨墓である。

叔父は那須信吾と言い、吉田東洋暗殺事件の実行犯の一人ながです。

文久3年(1863)、八月十八日の政変で土佐勤王党に対する弾圧が始まると謹慎処分を受けるが、翌・元治元年(1864)には同志を集めて脱藩し、長州に組する。

その後、慶應3年(1867)にゃ中岡慎太郎の陸援隊に加わるが、この陸援隊は、最初から倒幕のために組織された集団じゃた。

坂本龍馬が中岡慎太郎と共に近江屋で、暗殺されたとき、現場に駆けつけ中岡慎太郎から、暗殺犯の話を聴いちゅう。

維新後は新政府に出仕し、岩倉使節団にも参加し欧州を巡察したり、西南戦争では征討軍に・・・。

その後は、陸軍省会計局長、陸軍少将、元老院議官や初代内閣書記官長、警視総監、学習院院長などの要職を歴任し、明治20年(1887)子爵になり、明治31年(1898)にゃ宮内大臣になり、同郷の佐々木高行や土方久元などと共に、天皇親政派の宮廷政治家として大きな力をもち、明治40年(1907)にゃ伯爵に・・・。

凄い出世じゃねー。

と、誰もが思うような合点が遺憾ところもあり、龍馬暗殺に関わっていると言う説もあるくらいながですき。

それに、吉田東洋暗殺にも関わっているんじゃないかと言う説もある・・・。

「幕末維新暗殺秘史」新人物往来社の中で西尾秋風氏が書いちゅう、福岡孝弟(藤次)の子孫が、TV番組にて龍馬暗殺を語ったという内容。

・・・・・曽祖父は福岡孝弟と申しまして、死の真相を、ある筋から知っていたんだそうですが、誰が聞いても、いや、あれは言っちゃいかん事になっとるんだ、と言いました。佐々木只三郎・・・・・・そうじゃないんだ、と・・・・・

出典:中岡慎太郎と龍馬暗殺


普通に考えたら、当時の新政府の中の人物で、倒幕思想の持ち主じゃった人物と言う事は間違いない。

それに福岡孝弟が生存中にゃ、まだ龍馬暗殺に加担した人物が存命しちょったき喋れんかったろーし、仮に、黒幕たちが亡くなっていたとしても、彼自身新政府に加担し、土佐閥の一人として司法大輔・元老院議官・文部卿・参議・枢密顧問官・宮中顧問官などの要職を歴任し、子爵を授けられる位まで上り詰めた身からしても、真実は明かす事は出来んがですろー。

それに、その逆も考えられる。

福岡孝弟が生存中にゃ、龍馬が暗殺された事を悔しいと思う人物がまだ存命しちょって、まだ喋れんかったとか・・・。

まあ、真相は判らん訳で、あくまでも戯言ですき。(^^ゞ

参考:田中光顕 - Wikipedia




[ アクセス ]

■ JR土讃線「佐川」駅下車、牧野公園の上の方にある。

MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment