吉田東洋墓所 - 幕末の土佐に必要不可欠な人じゃった



[ 高知県高知市塩屋崎町・筆山南東斜面中腹 ]


吉田東洋夫婦の墓所。

吉田東洋は文化13年(1816)、土佐藩馬廻役・吉田光四郎光清の4男に生まれちゅうがじゃけんど、兄たち(3人)が早世したため、家督を継いじょります。

因みに、東洋の父・吉田光四郎正清は、高知城を築城した百々越前の子孫で、吉田家に婿養子に入っちょるがです。

それと、吉田家の遠祖は藤原秀郷だと伝わり、長宗我部氏の重臣としても活躍しちょるがです。

長宗我部氏の重臣じゃった吉田家が、土佐藩主になった山内一豊に取り立てられるようになった理由は、遠祖が山内家と同じとか・・・。

吉田東洋は嘉永6年(1853)、土佐藩第15代藩主・山内豊信(容堂)に認められ参政の要職に抜擢され、富国強兵を主張した藩政改革を行なう。

けんど、安政3年(1855)3月、参勤交代で江戸へ出府した際、酒宴の席で東洋を侮辱した山内家の親戚を殴ってしまうという事件を起こし、罷免・国許追還となって隠居を余儀なくされるがです。

帰郷後、暫くは長浜の方に私塾「少林塾」を開き、若手藩士を教授するがす。

この時の門人達の中に、甥の後藤象二郎や福岡孝悌、板垣退助、岩崎弥太郎が居った。

やがて、東洋が復職すると、彼ら若手藩士らーが「新おこぜ組」と称される一大勢力となり、幕末期の土佐藩を動かして行くがです。

因みに、東洋の妻・琴が、後藤左近右衛門正澄の三女で、兄・助左衛門の子が後藤象二郎になるがです。

尊王攘夷思想を掲げる土佐勤王党・武市半平太は、藩論の転換を求め東洋と面会するけんど、山内容堂とともに倒幕に否定的で、朝幕間に対する思想の違いから政治的対立を生じさせるがです。

そいて文久2年4月8日、高知城より帰邸途中、自邸近くの帯屋町に於いて、武市半平太の放った土佐勤王党の那須信吾・大石団蔵・安岡嘉助によって暗殺されるがです

ただ東洋暗殺の裏にゃ、保守派の重臣達も手を貸しちゅう。

吉田東洋は、山内容堂と同じく幕府大事の姿勢じゃった。

けんど彼の行った藩政改革は、封建制度の根強い時代にあって、身分の低い者や若者たちに平等に教育の機会を与え、能力によって役職に就ける身分改革を行なった事なが。

それまでは、身分制度の強い土佐にあって、郷士以下の岩崎弥太朗が東洋の門人と成り、藩に取り立てられるような事は、 あり得べからざる事じゃった。

じゃき、こうした改革が上士や重臣らーの世襲制度にこだわる保守派から恨みを買い、疎まれちょったがです。

そこに取り入って、一藩倒幕に持って行こう言う思惑から近付いたがが、土佐勤王党じゃった。

ようするに、東洋暗殺計画の裏にゃ、東洋を排除したいと思うた保守派らーの黙認があったがです。

吉田東洋が暗殺されると、東洋派は排除されるけんど、文久3年8月18日(1863)に起こった八月十八日の政変(禁門の変)で攘夷派が失脚すると、山内容堂によって再び旧東洋派が復権し、後藤象二郎ら新おこぜ組と称される多くの若手藩士が一大勢力となり、幕末期の土佐藩の動向に大きな影響を与え、やがて倒幕へと藩を動かして行ったがです。

坂本龍馬や中岡慎太郎ら、多くの維新の志士達だけが新しい時代を切り開いたがじゃない。

吉田東洋の功績は大きく、倒幕と言う大きな原動力の一つとなり、彼も歴史の重要な歯車の一人じゃったがです。

悪役のようなイメージで見られるけんど、吉田東洋無くして土佐の幕末も無かったとも言え、もっともっとスポットライトの当たって良い偉人の一人ながです。

逆に言うと、吉田東洋を抜擢した山内容堂も、人を見る目があったのかいなーとも?・・・。

まー、歴史とは何とも皮肉なもんじゃねー。
関連記事

  



2 Comments

オンチャン(とさっぽ)  

Re:ほっとしてGoodきて さんへ

コメントありがとう。

> ところで、容堂ですが義理と人情の板ばさみによる苦悩を察すると、アルコール依存症になる気持ちがわかるような気がしますがどう思われます?

義理と言う意味では、山内家が徳川に恩恵を受けた思けたと言う、一点のみ。

本当に容堂が、徳川に恩を感じていたのであれば、土佐藩は戊辰戦争で倒幕に走ったろーか?

ただの、日和見としか思えんがですき。

薩摩や長州のように、主義主張が一貫しちゃーせん。

人情?。

これは、オンチャンの個人的主観では、なきにしもあらずで、何とも、言いがたし。

アルコール依存症?

ただの、飲んベーとしか言えんねー。

四賢侯の一人とされる評価も???

酔えば勤皇、覚めれば佐幕。

ただの、日和見としか思えんがですき。

2010/10/10 (Sun) 21:10 | REPLY |   

ほっとしてGoodきて  

そうだったんですかぁ~

おはようございます。
東洋の人物像について、なかなか知りえない情報を有難うございました。

土佐の方ならではの記事なんでしょう。

ところで、容堂ですが義理と人情の板ばさみによる苦悩を察すると、アルコール依存症になる気持ちがわかるような気がしますがどう思われます?

2010/10/10 (Sun) 09:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment