海南自由党結成集会の地 - 板垣退助率いる自由党の高知支部



[ 高知県高知市筆山町 ]


板垣退助は、明治6年(1873)に西郷隆盛・江藤新平・後藤象二郎・副島種臣・らと共に主張した「征韓論」に敗れ、公職を辞し下野し高知に戻って来ると、明治7年(1874)3月に片岡健吉・林有造らと立志社を創立し、自由民権運動を起こすがです。

明治14年(1881)、10年後に帝国議会を開設するという国会開設の詔が出されたのを機に、自由党を結成して党首となり各地で遊説を行うが。

岐阜で暴漢に襲われた事件は有名な話じゃねー。

その際、「吾死スルトモ自由ハ死セン」と言うたがが、「板垣死すとも自由は死せず」言う風に伝わっちゅうようです。

板垣退助邸跡 2009.06.18

板垣退助率いる自由党の、高知に於ける拠点として設立したがが、説明板の海南自由党ながです。

党規約第一条は、「党衆ハ自由ノ主義ヲ執リ以テ社会ノ政良ヲ図ル可シ」と宣言しちょります。

高知市立自由民権記念館
自由党 (日本 1881-1884) - Wikipedia


板垣らの結成した自由党は日本で最初の政党ながです。
[ アクセス ]

■ 土佐電鉄伊野線「大橋通」電停下車 徒歩約630m 

MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment