佐川・深尾氏累代の墓所





左が佐川の初代・深尾和泉重良と、右が室の墓碑

左:墓所登り口                       右:上からの眺め


[ 高知県高岡郡佐川町甲上町 ]


此処は、清源寺にある、土佐藩佐川領主・深尾氏累代の墓所です。

比較的、綺麗に手入れされちょりますねー。

土佐・深尾氏の初代は深尾重良で、先祖は近江とか・・・。

深尾重良の祖父・重列が足利家に仕え戦功により美濃太郎丸城を与えられ、重良はその跡を継いで太郎丸城主となり、土岐家に属して斉藤道三と戦うちゅう。

その後、織田信長の嫡子・織田信忠や、信長の三男・織田信孝に仕えるが、天正13年(1585)に近江長浜2万石の城主となった山内一豊に仕えちゅう。

1585年に山内一豊が近江長浜2万石の城主となると、重良は一豊に招かれ家臣となる。

関ヶ原の戦いの武功によって、山内一豊が土佐に入国が決まると、山内一豊の同母弟・山内康豊に従って先発隊として土佐に入り、此処、佐川1万石を与えられたうえ土佐藩の筆頭家老となり、以後、代々が此の地を治めちょり、明治維新に至っちょります。

田中光顕は、佐川・深尾氏の家臣になるがです。

因みに、高知城近くにあるひろめ市場のある場所は、幕末期の土佐山内家の第12代から15代藩主に仕えた名家老と伝えられちゅう深尾弘人蕃顕(ひろめしげあき)の屋敷があった場所の一箇所に建てられちょります。

そんで、維新後も、この辺りを弘人(ひろめ)屋敷と呼んじょりましたそうながです。

この人も、佐川・深尾氏の一族ですき。


[ アクセス ]

■ JR土讃線「佐川駅」下車 徒歩約700m  

「佐川駅」時刻表  

MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment