清源寺 - 佐川・深尾氏の菩提寺として創建









[ 高知県高岡郡佐川町甲上町 ]


青源寺は、山内一豊が土佐に入った時、山内康豊に従って先発隊として土佐に来、高岡郡佐川1万石を与えられ、筆頭家老となった深尾氏の菩提寺として、慶長8年(1603)に創建されちょります。

正式名称は臨済宗妙心寺派寺院「龍淵山青源寺」

享保13年(1728)に焼失にあい、享保16年(1731)庫裡再建、明和3年(1766)本堂再建、文化12年(1815)に観音堂が再建されちょります。

青源寺 2008.04.12 

此処の清源寺庭園は、土佐三名園の一つに指定されちちょります。

また、庭園のある裏山は、佐川・深尾氏の初代からの墓所になっちょります。


[ アクセス ]

■ JR土讃線「佐川駅」下車 徒歩約700m  

「佐川駅」時刻表  

MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment