西天神社 - 境内社に乙女神社があった






[ 高知県高知市一宮西町 ]


説明文にもあるように、祭神は菅原道真公。

創建時期は不詳じゃけんど、歴史は古い神社のようじゃねー。

入口にあった石燈篭にゃ、文政乙酉五月吉日と刻まれちょりました。

文政乙酉とは文政八年(1825)で、まだ坂本龍馬も、武市半平太も生まれる前に、奉納された燈篭ですねー。

幾つか境内社があったけんど、その一つに乙女神社とあったき、一瞬、乙女姉ーやん?と思うてよう見たら、子宝に恵まれ安産の神さんの乙女神社と書かれちょりました。(^^ゞ

全国にも乙女神社ちゅうががあって、祭神にゃ天女の娘・豊宇賀能売命を祀っちょり、参拝すると可愛い美しい女の子が授かると言われちゅうがやき。

此処もその一社ながやろーか・・・。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment