山本家墓所 4 - 山本代七夫妻(龍馬の父方の従兄弟夫妻)



[ 高知県高知市・筆山 ]


山本代七信道は、山本新四郎信年の子として文化2年(1805)に生まれ、安政5年(1858)に亡くなっちょります。

子供が2人おり、長男が琢磨、次男が三治と言うがです。

この長男・琢磨は、江戸で時計拾得事件を起こし、ことが発覚し窮地に追い込まれるがですが、坂本龍馬と武市半平太の助けで江戸を脱出し、その後、函館に渡り沢部と改名した沢辺琢磨の事ながです。

奥さんは、高知城下新町田淵の郷士・島村祐四郎雅寿の三女・佐尾子と言う人で、兄には島村源次郎、島村寿之助が居る。

その島村源次郎の娘の富子さんが嫁いだがが、武市半平太小楯(瑞山)ながです。

ややこしいけんど、山本代七信道夫妻は、坂本龍馬からしたら父方の従兄弟夫婦で、武市半平太にゃ叔父さん叔母さんの関係になるがです。

じゃき江戸で琢磨が起こした事件は、龍馬にゃ従兄弟半、半平太にゃ従兄弟と言う親族同士の事じゃき、何としても逃がしてやりたかったがでしょうねー。

けんど従兄弟半ちゅうがは、以外じゃねー。

実際は、龍馬と琢磨の年齢差は、龍馬が2つ下・・・。

原因は、山本家墓所 3 - 山本新四郎夫妻(坂本龍馬の父・坂本八平の兄夫妻)2010.09.13 で触れちゅうけんど、琢磨の祖父になる・山本新四郎信年と龍馬の父・八平さんの年齢差が17歳で、龍馬は八平さん39歳の時に誕生しちゅうが。

そんな訳じゃき、琢磨は祖父・新四郎さんからすると54歳の時の初孫で、龍馬は56歳の時の甥っ子ながよ。

あー、めんどくさい・・・(^^ゞ

兎に角、この二人が幕末の同時期に誕生しちゅうがは、これも歴史の悪戯じゃったがじゃろーねー。

二人とも、違う意味で歴史に名を残しちょります。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment