坂本龍馬先塋の地 1 - 龍馬公園までの道標








[ 高知県南国市才谷村 ]


時間があれば是非訪れて欲しいのが、坂本龍馬の先祖、初代・坂本太郎五郎と二代・三代の住んじょった場所・坂本龍馬先塋の地ながじゃねー。

先塋(せんえい)とは、祖先の墓の意味です。

と言う訳で、往復約50kmのサイクリングを兼ねて、写真を撮りに、たつくってきたがです。

土佐弁でたつくるとは、「走り回る」・「駆けずり回る」と言う意味。


何時ものように、数回に分けご紹介いたします。

最初は、国道32号線(高知東道路)から分かれて、坂本龍馬先塋の地のある才谷村に入って行く分岐点にある、坂本龍馬先塋の地碑のある場所から。

坂本龍馬先塋の地碑(最初の写真の場所)の地図

此処より、龍馬公園まで約2.4km。

龍馬公園のその奥が、先祖の屋敷があったであろう場所で、二代・三代と一族であろう墓所と坂本神社があるがです。

初代・坂本太郎五郎の墓は、龍馬公園の手前約600m辺りの、北側の山の上にあった・・・。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment