archive: 2017年06月  1/2

へんろ石 - 第30番札所・善楽寺境内にある遍路石

[ 高知県高知市一宮しなね2丁目 ]高知市一宮の土佐神社の東隣にある、第30番札所・善楽寺さんの境内にある遍路石ながです。右 城下通 五代山○  百丁邊路道左 五代山江 五拾丁 その下の方に、よく見えませんが、舩渡や宿有等の文字が見える・・・・・文化9(1812)に建てられた遍路石です。多分、道路拡張工事か何かで、此処に移設されたがじゃないかと思われます。因みに余談じゃけんど、文化9年(1812年)に土佐じゃ何があ...

  •  0
  •  closed

斗賀野城址 (二ノ部城址) - 蓮池城主・大平氏家臣・田原彦右衛門年為が代官に

[ 高知県高岡郡佐川町西組 ]東側から見た、斗賀野城址 (二ノ部城址)。 佐川町指定文化財 斗賀野城址 (二ノ部城址)寛政三年(1463)土佐の守護・大平弾正光国に、斗賀野・尾川の代官に任じられた田原彦右衛門年為は米森氏を名乗り、翌年、斗賀野二ノ部に築城、津野氏の侵略の防壁とした。長宗我部元親が土佐統一のとき、高北隣郷の郡雄が無条件降伏したなかでただ一人反抗奮戦したが、衆寡敵せず元亀元年(1570)落城した。落城...

  •  0
  •  closed

立石の伝説 - 津野元実が戸波城奪回の際の恵良沼の戦いの伝説

[ 高知県土佐市本村 ]此処は、以前にも御紹介しちょります戸波城跡の西側。土佐市岩戸の方から戸波の方に県道267号線を走って来ると、戸波城跡の南から道は大きく北に迂回しちょりますが、 バス停「ひびの木」の約150m先の右側歩道脇に(気を付けちょらんと見逃すかも・・・・・)、この「立石の伝説」と書かれた説明板と2つの大きな石が並んじょります。戸波城跡 - 一条氏家臣・福井玄蕃が城代 2016.03.02 ステンレスの説明板...

  •  0
  •  closed