archive: 2016年11月  1/2

飛鳥井曽衣 - 一条氏滅亡後、長宗我部元親に招かれて岡豊城に

[ 高知県高知市大津  ] 高知市と南国市の境辺りに大津と言う所がありますが、とさでん交通御免線の領石電停の南の山の東麓に、飛鳥井曽衣さんのお墓と記念碑が建っちょります。「曽衣(そい)」は号で、本名は飛鳥井雅量(あすかい まさかず)と言い、藤原北家難波家の流れをくむ羽林家の一つでで蹴鞠を代々家芸を継承する名家で、話はちょっと逸れるけんど、京都府京都市上京区今出川通堀川にある白峯神宮は、配流されてその地...

  •  0
  •  closed

サカワヤスデゴケ - 県天然記念物で聖岩周辺に生えていたと言う

[ 高知県高岡郡佐川町岡崎(字泉福寺)・聖神社  ]佐川町を自転車で走りよったら、 「高知県天然記念物 サカワヤスデゴケ」と刻まれた石碑が目に入ったがです。 何じゃろーと思うて、自転車を止め石段を上って行くと、鳥居の扁額にゃ「聖神社」とありました。 拝殿右に見える境内社の背後の石が「磐座」ながでしょうか? 背後の本殿は、風雨を防ぐために周囲を覆っちょりました。偶々、境内社があり何やら背後の岩が「磐座」ら...

  •  2
  •  closed

猫塚 - 赤い涎かけから猫が覗きよりますぞね

[ 高知県高知市春野町  ]高知市春野町の四国霊場第34番札所・種間寺に一言地蔵さんが参拝者の願いを叶えるべく佇んじょりますが、その左下に猫塚があります。一言地蔵とミニ八十八ヶ所 - 四国霊場第34番札所・種間寺 2016-05-01線彫りされた一匹の猫が、赤い涎かけから恥ずかしそうに、こっちを覗きよります。「木を見て森を見ず」じゃないけんど、パット目に付く大きな一言地蔵さんに気付いても、足元の小さな地蔵さんの細部ま...

  •  0
  •  closed