archive: 2016年07月  1/2

柴尾の一本杉 - 樹齢480年余り、越知町保護天然記念物

[ 高知県高岡郡越知町柴尾  ]越知町中心部から北東に約1.2Km行った柴尾集落の、柳瀬越知線(県道300号)が南に大きくカーブする所にある観音堂傍に、大きな杉の木が立っちょります。丁度、バス停「柴尾」の傍で、周囲は水田で遮るものがありませんき、越知町方面から来ても、伊野町方面からでも、遠くからその姿を見る事ができるがです。 杉の木の根元に「杉尾の一本杉 町保護天然記念物 1987年9月16日」の標柱が建てられちょ...

  •  0
  •  closed

高見焼窯跡と陶器の灯篭台 - 灯篭台は明治7年に造られる

[ 高知県香南市赤岡町高見  ]高見焼窯跡と陶器の灯篭台元禄年間より瓦製造から始まり、酒徳利、片口、五郎八茶碗に練瓦、植木鉢と日用品を製造していたが、戦後廃れた。それらの雑器は昨今の民芸ブームの中で、赤岡焼と呼ばれ、その実用的素朴さが好事家の愛好を受けている。明治七年製・金八奉献の陶器の灯明台が立っている。また、ここに耐火煉瓦を積んだ塀があった。【 参考・引用 】 説明板より...

  •  0
  •  closed

小野神社 - 御祭神は小野氏の先祖神で、丘陵に小野古城が築かれる

[ 高知県南国市岡豊町小蓮  ]小野神社古くより岡豊大明神とよばれ、小野の産生神であった。「延喜式」神明帳記載の長岡郡五座のうちの「小野神社」に比定される。祭神の天足彦国押人命は小野氏の先祖神で、「新撰姓氏録」に「小野朝臣 孝昭天皇皇子天足彦国押人命拇之後」とみえるが、伝承によると、命の子孫が縁あって当地に来住し、城山を本拠に発展、一族の守護神、また土地の産生神として祀ったという。天正16年(1588)の江...

  •  0
  •  closed