category: 自然景観 | 室戸ジオパーク  1/1

室津港 - 地震の度ごとに大地の隆起が起こり掘込みを繰り返した港

[ 高知県室戸市室津 ]見た目、何の変哲もない漁港の風景じゃけんど、異常さに気が付く人もおりますろー。「何が?」って。海面までの低さよ・・・。 ここも、南海トラフ地震の影響を諸に受けちょる場所ですき、地震の度ごとに大地の隆起により港の水深が浅くなり、其のため人工的に掘込みを繰り返しちょるがです。野中兼山も、一木権兵衛も、人力で荒磯を掘削し良港として整備し、戦後は遠洋マグロの基地として賑わったがです。...

  •  0
  •  -

室戸ジオパーク - 行当~黒耳海岸

[ 高知県室戸市元甲付近~吉良川黒耳付近  ]前回御紹介した「室戸ジオパーク - 新村遊歩道」のすぐ北側にある不動ヶ岩からその北側に広がる吉良川から羽根岬方面の風景です。今回は、不動ヶ岩から「キラメッセ室戸」辺りまでの写真ながです。室戸ジオパーク - 新村遊歩道  2014-11-04 行当~黒耳海岸の読みは「行当=ぎょうど」、「黒耳=くろみ」と読むがです。 この周囲にもタービダイト層が広がっちょります。 約4000万~3500...

  •  0
  •  -

室戸ジオパーク - 新村遊歩道

[ 高知県室戸市元甲付近 ]室戸市周辺に広範囲に広がっちょる 「室戸ジオパーク」の一部、新村遊歩道ながです。室戸方面からだと、国道55号線を西に高知方面に向かい、行当岬を回った所に新村遊歩道はあるがです。 エリアは室戸岬程は広うはないけんど、 ここではシマシマ岩と呼ばれちょる海底に溜まった砂と泥で出来たプレートが、長い地殻変動の繰り返しで陸に押し上げられたダイナミックな大地の営みが垣間見られるがです。 ...

  •  0
  •  -

室戸ジオパーク - 室戸岬乱礁遊歩道

[ 高知県室戸市室戸岬町 ]「室戸ジオパーク・ジオパーク」に指定されちょります、室戸岬の最南端の周囲に広がる地殻変動の痕跡を観察出来る「室戸岬乱礁遊歩道」ながです。 「室戸ジオパーク・ジオパーク」と言うのは、室戸岬周辺だけではなく、室戸市全域に広がっちょります。 [タービダイト層] この室戸岬で一番スケールと地殻変動のパワーの凄まじさに圧倒される場所ながです。説明文によると、「タービダイト(乱泥流堆積物...

  •  4
  •  -

室戸ジオパーク - 国内5番目の世界ジオパークに認定された

日本八景・室戸岬の戦前の絵葉書 吉田初三郎の描いた室戸岬の鳥瞰図(室戸岬の部分だけを切取る) 前田虹映の描いた室戸岬の鳥瞰図(戦前の絵葉書) [ 高知県室戸市室戸岬町 ]日本時間2011年9月18日午前4時過ぎ、ノルウェーのEGN(欧州ジオパークネットワーク)会議にて、「室戸ジオパーク」が国内で5番目の世界ジオパークに認定されたがです。室戸ジオパーク公式サイト世界ジオパークちゅうがは、地球科学的に見て重要な自然遺...

  •  0
  •  -