category: 見る | 龍馬関連施設や記念館  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

中岡慎太郎記念館

[ 高知県安芸郡北川村柏木 ]海援隊が坂本龍馬なら、陸援隊を率いたのが中岡慎太郎。明治維新に貢献しながら、共に京都・近江屋で刺客に暗殺され、日本の夜明けを見ずに逝っちょります。近江屋跡 - 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地 2010-08-23 平成5年(1993)に開館しちょりますき、早いもので今年で20周年じゃったがですねー・・・・・。中岡慎太郎館公式サイト|幕末の志士、中岡慎太郎の生きざまに触れる歴史資料館|高知県安芸...

  •  0
  •  -

県立歴史民族資料館 - 2010年NHK大河ドラマ特別展 龍馬伝

[ 高知県南国市岡豊町八幡 ]やっと、行っちょりました。高知県立歴史民族資料館で開催中の2010年NHK大河ドラマ特別展龍馬伝。坂本龍馬らの、貴重な資料が一杯あった中、平井収二郎が獄中、8枚の紙に爪書きで書いた辞世(個人蔵)等、個人所有の展示品も多く、結構見ごたえがあった展示内容じゃった。開期も、今月一杯と迫っちょります。無料送迎バスも出ちょりますき、最後のチャンスをお見逃しなく・・・。詳細は、2010年NHK大...

  •  0
  •  -

龍馬の生まれたまち記念館

[ 高知県高知市上町二丁目 ]この「龍馬の生まれたまち記念館」は、坂本龍馬に関する施設と思うて入るとガッカリするぜよ。あくまでも、幕末の土佐の中で、坂本龍馬の育った生家周辺がどんな環境の場所じゃっかを知る手がかりになる施設ですき。此処からは、市内の観光スポットを観光ガイドと廻る拠点になっちょります。詳細は → 龍馬の生まれたまちあるき を見てや!。開館は2004年で、幕末の英傑坂本龍馬の生涯と家族、彼が...

  •  6
  •  0

高知県立歴史民族資料館 - 国史跡・岡豊城跡

[ 高知県南国市岡豊町八幡・岡豊山 ] オンチャンが「国史跡・岡豊城跡」の写真を撮りに行った時、時間があったら”いっぺん”入って見ようと思うたけんど、生憎「休館日」じゃったがですき、内部の状況は説明出来んがです。サイトがあったき→ 「高知県立歴史民族資料館」、見てやってつかーさい。如何してこんな辺鄙な場所に、造ったがぜよ?・・・・・答えは簡単。傍に「国史跡・岡豊城跡」があるから。それだけ!県が「高知県立...

  •  0
  •  0

寺田寅彦記念館

[ 高知県高知市小津町 ]寅彦が4歳から19歳まで過ごした旧宅を復元したのが、この記念館で、寅彦の勉強部屋とともに,主家と茶室があり,南に面した広い庭は随筆の題材としても登場する各種の草木が季節折々の表情を見せちゅうがです。 理系の寺田寅彦は,夏目漱石との親交が深かったようで,文系でも知られちょって多くの随筆を残したちゅうがです。また夏目漱石の著書、「吾輩は猫である」の”水島寒月”や「三四郎」の”野々宮...

  •  0
  •  0

横倉山自然の森博物館

[ 高知県高岡郡越知町越知丙 ] 「横倉山」でも触れたように、此処は”日本で最も古い4億年以上前の地層帯で、「日本列島の歴史は横倉山に始まる」といわれちゅう場所やか。こがな自然を生かそうと、平成9年にオープンした博物館で、横倉山の自然生態や地質や化石、それに植物学者・牧野富太郎博士の足跡を学ぶことが出来る自然史博物館やき。建物は世界的な建築家・安藤忠雄さんの設計で、自然の中に溶け込んじゅうような博物館...

  •  0
  •  0

龍馬歴史館 - 野市

[ 高知県香南市野市町 ]高知県香南市野市町にあります「龍馬歴史館」です。日本の夜明けを夢みなが激動の歴史を駆け抜け、夜明けを見ずして33年の生涯を終えた坂本龍馬。彼の生い立ちから亡くなるまでの出来事を、26場面180体の蝋人形でリアルに再現しちゅう、テーマ館ながです。[ アクセス ]・土佐くろしお鉄道 のいち駅下車 徒歩約10分...

  •  0
  •  0

館内からの眺望 - 坂本龍馬記念館

[ 左:室戸岬方面 ][ 中央:太平洋ぜよ! ][ 右:足摺岬方面 ][ 高知市浦戸・桂浜 ]お天気が良くて運が良ければ、室戸岬も足摺岬方面も良く見えるぜよ。[ アクセス ]・はりまや橋電停から徒歩すぐのバス停「南はりまや橋」から、県交バス桂浜行きで30分 終点「桂浜」の一つ手前「龍馬記念館前」下車、徒歩2分...

  •  0
  •  0

坂本龍馬記念館

[ 高知市浦戸・桂浜 ]幕末を駆け抜けた坂本龍馬の生涯を、龍馬が生きた時代と共に知ることができる記念館ながです。この記念館は、龍馬生誕150年を記念して、全国からの募金で建設され、のち県に寄贈され「高知県立坂本龍馬記念館」となっちゅう。館内には坂本龍馬に関する貴重な歴史資料がわかりやすく展示されちょり、激動の幕末を生きた英雄「龍馬龍馬」ファンも多く訪れる人気のスポットとなっちゅうがです。[ アクセス ]...

  •  0
  •  0

龍馬の生まれたまち記念館

[ 龍馬の生まれたまち記念館  高知/高知市上町二丁目  ][ アクセス ]・土佐電鉄「上町1丁目」下車 ホテル城西館裏...

  •  0
  •  0

いの町紙の博物館

[ いの町紙の博物館  高知/吾川郡いの町幸町 ]館内には、土佐和紙の歴史や原料・道具の展示をしちゅう。また伝統的技法による手すき和紙の実演や、和紙作りの体験コーナーなどもあるがです。下の写真は、和紙でこしらえちゅう情景ジオラマですき。[ アクセス ]・JR土讃線「伊野駅」下車徒歩10分・土佐電鉄伊野線 (はりまや橋~伊野)で、終点「伊野駅」下車徒歩5分...

  •  0
  •  0

遥かなる太古の世界へ - 佐川地質館

[ 佐川地質館  高知/高岡郡佐川町甲360 ]今から百数年前、一人のドイツ地質学者が佐川にやって来たがです。彼の名は「エドモンド・ナウマン」。日本の地質を調査研究し、学問として体系づけた最初の人じゃ。此処「佐川」の地が、”世界でも貴重な化石が産出される”場所で、地質学的にも大変重要なポイントとして地質学界に紹介され、「日本の地質学の発祥の地」でもあるがです。「佐川地質館」は「ナウマン」の紹介はもちろん...

  •  0
  •  0

絵金蔵

[ 絵金蔵  高知/香南市赤岡町 ]絵師金蔵、略して絵金。元は土佐藩家老桐間家の御用を勤める狩野派の絵師やったが、贋作事件に巻き込まれ、城下追放となっちゅう。野に下った絵金は叔母を頼りに赤岡の町に定住し、酒蔵をアトリエに絵を描いたがです。「絵金蔵」じゃー町内に残された、二十三枚の屏風絵を収蔵、保存しちゅうがです。「パンフレット」より抜粋最初に、真っ暗闇のホールの中に、血しぶきが飛び怪しくオドロオドロ...

  •  0
  •  0

青山文庫

[ 佐川町立青山文庫  高知/高岡郡佐川町甲奥ノ土居 ]幕末から明治にかけて活躍した佐川出身の田中光顕の残した膨大な資料を保管・展示しちょります。「青山」は「あおやま」じゃのうて「せいざん」で、田中光顕の雅号が「青山」じゃったがです。田中光顕は坂本龍馬と共に薩長同盟に尽力し、維新後は宮内大臣を務めた人物じゃ。館内には、数々の資料が展示されちゅうけんど、「龍馬」や「勝海舟」・「高杉晋作」などの貴重な資...

  •  0
  •  0

寺田寅彦記念館

[ 寺田寅彦記念館  高知/高知市小津町 ]寺田寅彦は,理学博士でありながら夏目漱石との親交が深く,多くの随筆を残した文学者でもあるがです。「天災は忘れた頃にやって来る」という言葉は、寺田寅彦が言い出したと言われちょります。この記念館は、寅彦が4歳から19歳まで過ごした旧宅を復元したものです。[ アクセス ]・高知城から徒歩約10分...

  •  0
  •  0

高知県立美術館

[ 高知県立美術館  高知/高知市高須 ]1993年に開館した美術館で、約1300点にのぼる「マルク・シャガール」の世界的コレクションで知られちよります。[ アクセス ]・はりまや橋から土電電車「ごめん」・「領石」または「文殊通」行きで15分、 「県立美術館通」下車徒歩5分 ・土電バス「高知医大」行き・「県立美術館前」下車すぐ...

  •  0
  •  0

高知県立文学館

[ 高知県立文学館 ]高知城に隣接する文学館で,紀貫之や大町桂月など高知ゆかり作家たちの著書や資料がある常設展示室には、作家約40名をそれぞれのコーナーに分けて展示紹介しちゅうがですき。 [ アクセス ]・JR高知駅より徒歩約20分、車約5分、・JR高知駅より市バス・路面電車で高知城前下車、徒歩5分...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。