南国土佐へ来てみいや

南国土佐・高知の魅力と見所を歴史や史跡等の観光地を含めて御紹介

篠原の柏水 - 兄・頼朝の挙兵に立ち挙がるも破れ東走途中喉の渇きを潤す

篠原の柏水(南国市篠原)

[ 高知県南国市篠原 ]


偶々、南国市の吾岡山の手前で国道55号を左折して、田畑の続く道をJRの御免駅方面に走りよったら、水路の脇に立て札があり、何じゃろーと思うて近寄って見たら、このブログでも何度か取り上げちょります源頼朝の弟・源希義に関わる史跡じゃったがです。

篠原の柏水(南国市篠原)

篠原の柏水の由来

平治の争乱(1159年)で、源家棟梁源義朝は、武運つたなく平家棟梁平清盛の前に屈し頼朝(当時13歳)は伊豆の蛭ヶ小島へ、義経(牛若・・・当時13歳)は、京の鞍馬へ押し込められます。
当時3歳とも9歳とも言われる源希義は高知市介良の地へ配流され平家方監視の下、20数年間の陰忍自重の暮らしを強いられます。
希義は介良の地に配流中、土佐における平家方有力武将平田太郎俊遠の妹とも、俊遠の弟継遠の娘とも言われていますが平家方の娘を嫁に貰い隆盛、希望の二子、若しくは希望の一子を儲けました。

治承4年(1180年)12月1日兄頼朝の打倒平家に呼応するも、武運つたなく破れ土佐における数少ない源氏方武将夜須七郎行家を頼り、愛馬と共に東走する途上喉の渇きをおぼえた希義はこの辺りで農夫に水を所望したところ、柏の木の袂からコンコンとわき出る泉を教えられ柏の葉で水をすくい喉を潤しその農夫に褒美として扇子を与えたという。
この故事により「篠原の柏水」として今に伝えられています。

尚この柏水と伝承される柏の木は往時からは3代目と言われています。
本当の樹種は「チシャノキ」でこの地は我国の東限で(最東端に生息)あり絶滅危惧種であります。

旭食品株式会社
源希義公顕彰会

【 参考・引用 】  説明板より


篠原の柏水(南国市篠原)

平家方の追手から逃れ、味方の夜須七郎行家の待つ野市方面に逃れている途中、此処で喉の渇きを潤したと言うがです。

馬上の源希義が喉が渇いたのであれば、当然愛馬も同じように喉を潤した事でしょう。

しかし、此処で費えた時間が生死を分けたのかも知れませんねー。

源希義が、更に逃れるも追手に追いつかれ討死したのは、此処から直線距離で約2Km程の場所になります。

源希義戦死伝承之地 - 兄・頼朝の挙兵に立ち上がるも平氏に討たれる 2016.07.15


MapFan地図へ

  



へんろ石 - 第31番札所五台山竹林寺の裏門入口・石灯篭の脇

へんろ石(高知市五台山)

[ 高知県高知市五台山 ]


四国霊場第31番札所五台山竹林寺の裏門入口左にある石灯篭の脇に、このへんろ石があります。

左手一本指で、入口を指しちょります。

京都の人が建てたようです。

へんろ石(高知市五台山)

右が裏門入口で、正面の石段を上るとTV塔や展望台があります。


MapFan地図へ

  



天狗岳不整合 - プレートの激しい地殻変動を物語る高知県天然記念物

天狗岳不整合(香美市土佐山田町入野)

[ 高知県香美市土佐山田町入野 ]


土佐山田の方から県道254号線をJR繁藤駅方面に上って行くと、休場ダムの約1Km下流の土佐山田町入野・休場集落の南の道路脇に説明板と天然記念物の碑が建っちょります。

天狗岳不整合

高知県指定天然記念物(昭和二十五年六月二日指定)

対岸の白木谷層群チャート壁の下流約30mほど、岸壁の終わるあたりの河床部近くに、領石層基底礫岩が約0.7mにわたり5~15cmの厚さで密着している。
基盤の白木谷層チャートは、約2億年程前太平洋海底に堆積してできたものであり、その上部に堆積したと見られる領石層基底礫岩は、今から1億数千万年前の中生代白亜紀前期に海底に堆積してできたもので、両層の間に数千万年の空白がある。
つまり白木谷層チャートが海底に堆積した後に再び海底に沈降し、その上に領石層が堆積したのである。
即ち不整合で、西南日本外帯の地史や領石・物部川の地質を研究する上で、必要欠くことのできない貴重な資料である。
この不整合は西は上倉ハ京に続き、東は佐岡の中後入の間で同様の不整合が見られる。

1949年平田茂留調査報告

昭和63年3月 高知県・土佐山田町教育委員会

【 参考・引用 】  説明板より


天狗岳不整合があるのは、対岸の新改川右岸になるがですが、位置の詳細説明も無いし、木々も生い茂げっちょりまして詳細な写真は撮れませんでしたが、下記3枚の写真の辺りではないかと思われます。

天狗岳不整合(香美市土佐山田町入野)

天狗岳不整合(香美市土佐山田町入野)

天狗岳不整合(香美市土佐山田町入野)

天狗岳不整合(香美市土佐山田町入野)

この地層があると言うことは、激しい地殻変動があった証拠でもあるがです。

全体の地層が逆転して北に70~80°傾斜した、平行不整合に近い傾斜不整合じゃそうです。

不整合とは

堆積作用のあいだに、陸上で浸食作用をうけたことがあると地層は連続して堆積しません。
この場合、ふつうは地層の縞模様に、平行でないものがあらわれます。
このような地層の重なりかたを不整合といいます。
地層に不整合がみられるのは、そこに土地の隆起のような地殻の変動があったことをしめしています。
土地が隆起したり、水面が下がったりして地層が水中から陸上にあらわれると堆積作用が止んで、浸食作用をうけるようになります。
そのため、地層の表面は削りとられてでこぼこができます。
このような浸食をうけた面ができたのちに、土地が沈降してふたたび水中に沈むとその上にまた新しい地層が堆積して、そのあいだが不整合になるのです。

【 参考・引用 】  
整合・不整合とは? 地層の重なりかたとは? | 科学をわかりやすく解説




MapFan地図へ