南国土佐へ来てみいや

南国土佐・高知の魅力と見所を歴史や史跡等の観光地を含めて御紹介

原荘九郎幸綱 - 戊辰戦争・折衝隊・会津若松で戦死

原荘九郎幸綱(高知市)

[ 高知県高知市薊野北町  ]


原荘九郎幸綱は、高知城下・南新町(現・高知市)の人で、戊辰戦争・東征には土佐藩折衝隊の徒士として従軍ちょります。

原荘九郎幸綱(高知市)

原荘九郎幸綱(高知市)

明治元年戊辰七月従官軍赴越前米
澤城総陥又向若松城奮戦九月十七日
中丸而歿時年十有九


戊辰戦争には、明治元年七月に官軍として赴き、越前米沢藩が官軍に恭順した後、会津若松城攻めに向かい奮戦するも、十九歳で戦死しちょります。

因みに米沢藩が官軍に恭順したのは、東山道先鋒総督府の中心だった土佐藩・迅衝隊の谷干城・片岡健吉・伴権太夫らの連名で書かれた米沢藩に恭順を薦める内容の書状が、土佐藩主・山内豊資から米沢藩主・上杉茂憲の正室となっていた三女・貞姫に届けられた事で、一気に米沢藩の藩論が恭順へとまとまり、「朝敵」の汚名をそそぐことになったそうです。

原荘九郎幸綱(高知市)

本墓は、現・会津若松市の東明寺の西軍墓地に埋葬されちょりますが、土佐にある墓は行った時は。竹藪の中でポツンと眠っていました。

会津若松西軍墓地 2 - 故郷遠き会津若松に眠る土佐藩兵49名 2015-10-26  



[ 注意! ]
■ 墓探しで山に入る場合 は、季節によっては、マムシ(ハミ)・ヤマダニ・ヤマヒル・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。
■ 特に3~12月頃の暖かい時期に山や藪に入る場合、マムシ(ハミ)には御注意の事!

  



寺尾酒造跡 - 寺尾家祖は長宗我部元親の弟・香宗我部親泰に仕える

寺尾酒造跡(香南市赤岡町)

[ 高知県香南市赤岡町 ]


赤岡町の赤岡病院傍にある横矢食品さんの壁際に、寺尾酒造跡の説明板が建っちょります。

寺尾酒造跡と「豊能梅」

寺尾酒造の祖は穴喰で香宗我部安芸守親泰に仕えている。
家系では、安永年間、初代当主・善兵衛から始まり、八代目梅太郎に至り、明治三十四年第三代名誉庁長を務め、赤岡銀行設立、自由民権運動にも深い関心を示した。
梅太郎の誕生祝いの商標が「豊能梅」。
大正九年十二月五日没。
現・高木酒造の銘柄になる。

【 参考・引用 】 説明板より


寺尾酒造の祖が仕えた香宗我部親泰とは、天文3年(1543)に長宗我部国親の三男として生まれ、弘治4年(1558)香宗我部親秀の養子となり、永禄12年(1569)に安芸国虎が滅亡した後、安芸城主となっちょります。

兄・長宗我部元親の阿波平定にも尽力し、その後の四国統一にも尽力しちょりますが、天正13年(1585)の豊臣秀吉の四国征伐では敗退しちょります。

因みに、説明板に「現・高木酒造の銘柄になる。」とあるのは、何でも大正6年(1917)に寺尾酒造は倒産したようで、その後、高木酒造さんが銘酒「豊能梅」の商標と杜氏を一緒に買い取り、現在に酒造りが続いちょるそうです。


MapFan地図へ

  



能津城址 - 城主・能津左兵衛は長宗我部元親に従い朝鮮出兵で戦死と

能津城址(日高村本村)

[ 高知県高岡郡日高村本村 ]


写真は、仁淀川右岸(南)を走る県道299号庄田伊野線の沿いから見た能津城址の南面です。

因みに、仁淀川左岸の国道194号線(高知市~愛媛県西条市)からじゃと、こんもりとした小森は見えても城址じゃとは気が付かんでしょう。

能津城址(日高村本村)

写真は、東側から見た能津城址ですが、この傍に説明板が建っちょります。

能津城址(日高村本村)

能津城跡

村指定 史跡
平成四年三月三日指定

能津城跡は、戦国時代の能津領主能津(細川)左兵衛の居城で、中世の山城跡です。
能津城は仁淀川の自然を利用した要害の地にあり、城跡は頂上の詰を中心として北側に二ノ段と、主に二つの曲輪からなり、虎口(城の主な出入口)は南に造られています。
この城の特徴は今なお、城の斜面に数十本竪堀の遺構が見られることです。
中世の城では、空堀や土塁とともに敵の侵入を防ぐ重要な役割りをはたしていました。
城主能津左兵衛については、元亀二年元親に降り、長宗我部地検帳には能津一円の領主として明記されていますが、古書「土佐物語」によると左兵衛は秀吉の朝鮮出兵により元親に従って朝鮮に渡り慶尚南道巨済島の北岸能川での海戦で戦死したとなっています。
また長岡郡広井城から来た広井俊行の居城であったと(土佐古城略史)の記載もあります。
頂上には八幡宮があり、眺望もよく、下ノ段には、善住寺跡があります。

【 参考・引用 】 説明板より


能津城址(日高村本村)

西側から見た能津城址

能津城

城主、廣井俊行。
後、能勢を以て氏とす。
長岡郡廣井城を併せ見るべし。

【 参考・引用 】  『土佐古城略史 全』 宮地森城・著 


ともありますき、長岡郡廣井城主・廣井俊行が、後に能勢氏と改めて住んだ居城じゃと言う風にも書かれちょります。


MapFan地図へ